この記事は1998’1月号のDatyonaに掲載されたものです